106 予約キーボード

型番: 記載なし (基板表記上は FD0100 )  
Topre OEM
Topre Capacitive Switch


  



TOPRE  REAL FORCEの原型みたいなもので銀行や流通業などの専用システムにOEMで供給していたキーボードのひとつ。
 
盤面は少し焼けているように見える。 また F1 〜 F11(透明キャップ付き) は他のキーと材質が異なり変色している(ABSなのかも)。


 

前縁・後縁核4箇所の爪のみでケースをロック。 ビスは使用していない。 PCB/フレームもビスなしでロワーハウジングに置かれている。 この程度の成型精度はTOPREにしてみれば朝飯前というところ。 日本IBM 5576-002 や A01 を思い出す(あちらはビスも使ってましたけど成型精度はとても優れていた)。

                         専用ソフトウェアのもとで業務に特化したコマンドがキー前面に印字されている。
                    F1〜F11までは取り外し可能な透明キャップがはめられており登録したショートカットを挟み込むことが可能になっている。 
                                                            このような透明キャップはCherryやIBMにもありました。
           F12 位置に「SOM」、 右Ctrl位置に 「SEND」 などの印字があるがPS/2接続でWindows環境では通常のキーボードとして使える。
 

FD0100は日本語106のOEM型番であったと思います。
FD-0102は FD0100 のリビジョンを示すのではないかと勝手に想像

 フレーム上のLED枠下に張られたステッカー(印字を明確にするために
 トーン修正)
 FD01J0 6 06 01 0097 と読める


 FD0100ベースで 納入先コードが "J0"、 平成6年(1994年) 
 06/01 の 97号機 という意味?...まったく根拠のない推測です。
  尚 DeskTority wiki (by 002) によれば FD0100の Release
  date は2004年とされているので当方が間違っているかもしれない。
  しかし 左画像のラベルの 06 が Yearを示すのであれば拾った
  時期からして西暦では 有り得ず平成年号ということになるのだが・・・。 

  

 こちらは基板のステッカー

 FD0100 6 05 27 0059
 はやり 平成6年を示すように思えるが...。

 もうひとつの読み方があったようで 2000年以降の製品によるサンプル
 でほぼ西暦で差し支えなさそうという事になった。
 かといって前述の通り 2006年製造では具合が悪い。 何しろ入手時期
 は最初の原稿を書きかけた 2004年 1月以前である 

 FD0100の Release Dateについては下記参照 


           
見た目はメンブレン+ラバーカップのTopre Capacitive



この固体は産廃品で、砂糖入りコーヒーをたっぷり飲み込んだらしく押し込みも難しく、無理に押すとキーが戻ってこないという不動品だった。

基板、コニカルスプリング、分割ラバーは糖分で固着しておりヤニ状の固着物をラバー、スプリング、基板を傷めないようにアルコール、薄めのシンナー、中性洗剤などを使い分けて丹念に清掃して組み上げたたところ無事復活。
コニカルスプリングの位置不良などがあって3度目の組み上げでようやくなんとかなった。  私にとって TOPRE Capacitive は IBM M2に次いであまり開けたくないキーボードのひとつです。

特にどうということはありませんが組み付け用の爪と滑り止めのラバー 

ラベルは素っ気無く、品名とS/Nのみ。
製造年、ベンダー名何もない。
尚、上下カバーにも製造年を示す刻印すらない。

拾った時期(2003年末)に使いこみ期間を10年程度として製造年を推測すると、先の推測 「1994年頃の製造」 はあながち的外れというわけでもなさそうな気が するのですが実際のところはどうでしょうね。

 ちなみに本ページの初稿は入手翌年の2004年1月3日、すなわちサイト
 開設に向けて七転八倒していた頃である。 もちろんFD0100という
 
OEM型番が確定する以前のモデルということも........ありえ無い。
 CHIP上ににすでに"FD0100"と書かれている。 

                 当サイトでは一応 FD0100(あるいは FD-01) 自体 は平成6年(1994年)以前 もしくは 1996年以前のリリースという事にしておく。
                                                                    本固体そのものの出荷・納品は 1996年 6月頃ということのようである。

  FD0100 Release Dateについて 
   002さんからのメールでDeskThority WIKI にある"2004/12" はかつて存在したMoonkight Cafeさん(日本人)のBLOGによる一覧表を元にした
 ものだということである。 web archiveにあるその表を確認したところ "1st Release 04/12" はリンクが付されて元となるBLOG記事は 
 2005.01.03のエントリーでその内容は 「コンシューマー向けのRealForce以前からある業務用途のFD-01と同一と思われるFD0100 が高速電脳
 で販売中」というものであった。 
   つまるところもともとリテール品ではないFD0100がバルク品として秋葉の店頭で初めて販売されたのが 2004年の12月 という ことであり、
 FD0100そのものの製造開始が2004年12月という事ではないことが判明した。

  DeskThority WIKI のRelease dateもいずれ修正されると思いますが、本固体のCHIP表記が FD0100であることから、
   ” FD0100  は少なくとも2003年末には使い込まれてコーヒーかコークをたらふく飲んだ固体が存在しており、シール上の数字 が平成年号の年を
  意味するので あれば製造開始は1994年までは遡れる”
 という ことが言えます。

   尚、 archive記事に直接リンクを貼るのは意図を持ってサイトを閉鎖された著者の意向に反すると思いますのでここでArchiveされた記事の
   リンクを紹介することは控えます。  

 2015. 01. 12
   朝礼暮改もいいところですが......
   002さんからYEAR/MONTH について西暦を示す旨の情報を得たとの連絡があった。
    http://imgur.com/a/sMbbI 
   画像は3本のTOPRE KEYBOARDの基板上のシールと下部ケース内側のラベル上に記された製造年を示している。
   いずれも西暦の一桁の数字が基板の数字と一致している。 この表記の難点はたとえば基板表記が "1"の場合に 1991年、2001年、2011年
   のいずれであるのかサンプルのキーボードのように製造年を示すラベルが別途貼付されていないとわからないということだが、リテール品では
   すべからくそのようなラベルが貼られているのかもしれない。 翻って本品
のように業務用途の特注品である場合は発注元毎の管理コードと S/N
   でほぼ全てを把握できると思われるのでラベルがなくても特に不都合はないし、実際に使用する現場スタッフにとって使っているキーボードの製造
   年 はどうでもいいことだ。
   もうひとつの可能性としては TOPREが2000年以前とそれ以降とでシール上のYEAR表記を変えた、という事が考えられる。
   当方はTOPREキーボードについて充分な情報を持ち合わせておらず、シール上に2桁の数字を持つものが存在するか否か定かでないままに
   「平成年号ではないか」と書いたのだが、仮にそうだとすると1998年と1999年はそれぞれ 10、11 が与えられることになる。
    1999年末 Y2K問題で情報産業業界を始め各界でトラブルを想定した対策をしていましたが、製品番号管理の一貫性を考慮すると「平成」も
 いずれ新しい元号に変る時がくるわけですから 2000年以降数字表記のスキームを変更したという考え方にはやや無理がある。  IMGURの
 画像サンプルは全て2000年以降のものではありますが、ここはやはり
             「西暦表示の末尾一桁をあらわす」という事が正しいように思える。 
 製造年を明確に示すラベルがない 業務用特注品などについては想像力を働かせて90年代か2000年代かあるいは2010年代かを推定する
  しかなさそう。 
   という次第で 本機の製造年はどうやら 1996年 6月 という事になりそうである。  
 
 

 

 

 

UPLOAD  2014. 01.10 2005年の書きかけ初稿をバッサリ削除し新たに手抜き作成。
2014. 01.11  FD0100の Release Date について追加記事。誤字訂正
2014. 01.12 FD0100の Release Date について更に追加・修正 

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO