Northgate  Omnikey 102

FCC ID  
GT6OMNIKEY02  
ALPS/White slider
/Click
Mfg Date;  After Aug. 1989
Assembled in Taiwan R.O.C

                                                  USER'S GUIDE

こちらも OMNIKEY ULTRA同様 別項の OMNIKEY 102 に似ており、加えてモデルナンバー も  102 となっています。  形状的には奥行きが短く別項のOMNIKEY ULTRA と同系列である事がわかりますが、こちらは通常のFUNCTION KEY位置には KEYは付属せず、鋼板あるいは基盤そのものもSF KEY 無しの専用設計です。    
SF KEY の有無を除けばほぼ OMNIKEY ULTRAと同じなので基盤その他の画像をちょっとだけ紹介。

  • FCC ID ;GT6OMNIKEY02、 認証 12/04/1989 

  • 本機の製造日 ; 不明 トップカバーの裏面刻印では 1989 8月 だが、
    上記のとおり FCC ID 認証は 1989 12月となっている。 1989年8月から 12月にかけての製造という事でしょう。 

  • Caps/Ctrl キーの位置変更化 (Dip SW で設定)

  • Detachable AT ケーブル (キーボード本体の接続口は Sideway PS/2 )

  • 下ケースは他の Omnikey同様うぐいす色に塗装された鋼板製

  • 旧型Omnikey の奥行きが短いデザイン 

 

基盤裏面

@ 部分
A部分
スイッチ基盤とコントロール基盤の接続はやや古めかしいというか洗練されて
いないというかそんな感じ


コントロール基盤

コネクタ上に見える NORTHGATE の印刷

 


スイッチ

白軸クリックタイプ
キートップは2色成型。

キ−トップ裏の突起の穴は他の Northgate や FOCUS  キーボードの長方形とは異なり丸型
(楕円)になっている。  

スリットつきの旧型ケース

ALPSロゴはやや太めのタイプ


参考

OMNIKEY ULTRA( 旧タイプ )の細身のALPSロゴケース



テンプレートシートは グレー地

Omnikey ロゴは貼り付けになっていて 101と違いDIP SWへのアクセス窓ではない

 

旧タイプの特色らしい Caps Lockが先に配置された LED ブロック

Scroll Lockが左に配置されるのは IBM AT84の由緒正しいレイアウトらしく、まさしく AT84クローンはだいたいそうなっている。  Focus社はこのレイアウトを90年第中期まで採用している( FK2001 WIN KEY版 参照 )


ラベル

モデル名 は OMNIKEY 102
FCC ID はGT6OMNIKEY02 と なっています。

フロントカバーの刻印は 1989年 8月3日

このキーボードで用いられている太めのロゴつきケースのスイッチが他とどのように違うのか詳しい事はわかりませんが、本機に関してはとてもスムースな軸動作を保っています。 キートップが本体OEM元によって造りが違うのだとしたら本機は どちらかというと SILITEK系のようにも思えます。 もっとも 黒インクのラベルは FK555的風といえなくもないですけど

2005.06.06

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO