Packard Bell  FDA-102A

Model No. FDA-102A
OEMed by
  Forward  (   福華電子 )
FCC ID;  F4Z4K3FDA-102A ( not sure but most possibly
US 101 key layout
Switch ; ALPS White/Click
Fixed coiled cable/AT plug
( most possibly )

 

PACKARD BELL ブランド の FORWARD製 101キーモデル。
正面パネルのデザインは AT 84クローンの FDA-101 と似通っており、底板も FDA-101同様厚めの鉄板が用いられていて スイッチプレートアッセンブリをアッパーキャビネットにネジ止めする構造も同じです。  掲載品は ALPS 白軸スイッチが用いられていましたが保存状態が悪く鉄板も錆びがひどかったためスイッチはすべて抜き取りALPS オレンジに換装、鉄板は錆び落としの後 再塗装してレストアしました。  本来なら クリックタイプにするべきなのですが、良質のクリックスイッチの取り置きがないのでいつものことですが ソフトタクタイルのオレンジのままです。  元の状態はスイッチ内部にまで入り込んだ砂埃で 押したら戻らないキーがあるなど最悪でしたし、オリジナルとは異なる オレンジソフトタクタイルですから、FDA-102 としてどうか、なんてことはまるでわかりません。    

      2005.05.01 訂正 
      底板の鉄板ですが改めて比べてみたところ FDA-101 より若干薄くなっています。  
      FCC 認証では FDA-101 が 03/27/1987、 FDA-102が 03/24/1988 で、ほぼ1年の開きがあり、コストダウンの
      要請が反映されているのでしょう。

 

スイッチプレート全体像

基板裏面

基板両サイドに見える黄色っぽいものは例によって鉄板裏面に貼り付けたセパレーター付きブチルゴム。
スイッチプレート全体は鉄板の両側上下2箇所 の都合4個 と基板上の3個のネジでアッパーキャビネットにネジ止めされている。

 

 基板上の FORWARD のエッチング
 FDA-101 と同じく 12KCxxx の型番

上; Function キーで数字キーの間にレイアウトされたエンコーダー部。 
このキーボードは AT/XT切り替えスイッチは省略されているが 底板には切り替えスイッチ用の小窓が残っている。

Intel チップに印刷された FDA-102/AE の型番
 チップは韓国製

黒色塗装の底板 
錆びお落としのみで再塗装したが、レストアが済んでみるとなかなかキーボードとしての出来がよいので、底板のデコボコもパテ埋めで改めて修復しようかと考えているところ。

ゴム足( 後方角型 2個 と 前方縦長 2個 ) はペイントのために剥がしてあり、未装着。

画像 未

FCC ID ラベル

実はこのモデルも FCCラベルが剥がれていた。
中文仕様の TATUNG フランド が FDA-102A、 F4Z4K3FDA-102A となっているので、こちらも同じだと思います。

角度調整用のレグスタンド

FDA-101 同様収めた状態だと磨耗のためロックが甘くなっていて ブラブラする。 

PACKARD BELL のロゴ

薄めのアルミプレートで淡いグリーンの下地にシルバーのロゴ゙なのですが、変形と傷であまり状態がよくありません 

キートップは二色成形  ( 左が本機)
取り立てて分厚いわけではないが Northgate やFocus 系ほど薄くはない。

なお画像右は FDA-101 の NUM PAD 部分で、FDA-101の場合はこの部分だけ別物で 旧型ALPS仕様に近いものだが、本機はすべて同一仕様のものになっている。

 

補修済み鉄板上の ALPS オレンジ軸スイッチ。

オレンジ軸は鉄板裏からのブチル処理と相性がよいのではないかと思う。 もっともこういうのは手をかけた本人の「思い入れ」というバイアスがかかっているので実はそんなことはないのかもしれません。

ロゴの修復がいまいちではあるが全体としてうまく再生できたと思う。   Chicony にも クリックだけではなく 緑リニアがあったくらいだから、FORWARDだって オレンジ仕様があったかもしれない....ということにしとこう。

 

手抜きUpload; 2005.04.30 

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO