5576-001/002/003 における S/N の制限

01/C01 を除く 0001/002/003 キーボードには一部の PS/55で使用する際の制限事項 があり、
一部のS/N品 (正しくは EC No. 品 )は不具合が発生します。 

表現はいろいろありますが、PS/55 のパンフレットやブローシャーには以下のように記載されています。  

以下の製造番号のキーボードは使用できません。
5576-001 S/N 99-69887以前、 および 99-90000 から 90849まで 
5576-002 S/N 99-19323以前、 および 99-90000 から 90109まで 
5576-003 S/N 99-A5976以前 

このシリアルナンバーの最初の 99 は製造国(あるいは製造工場、地 )を示す番号で、この部分が仮に 97 である場合は対象品ではありません。 肝心なのは 99である事とそれに続く  " - "以降の5桁の番号です。  加えて この番号には MES  と FRU の2種があり、上記であれば xxxxx 以前 となっている番号が MESで、 " 90000から xxxxxx " という方が FRU に相当します。 

より明確なのは EC No. による判別で、それによれば  

"... 必ず、正しい E/Cレベル および S/N番号の鍵盤にてご使用ください..." 

  となっており、問題の起こる EC レベルはというと 
  5576-001 ; A27299、 C13321 
  5576-002 ; A27345、 341578 
  5576-003 ; A27689 

   尚、発生する問題はというと 

5576-001

システム起動時に 「306」エラーが発生

5576-002 

起動時、始動、英語DOS および日本語DOSの英語モードで「*」が 「&」に文字化け

5576-003

DOS/V日本語モードおよび日本語OS/2モードで 「 」 が 「 ) 」に、 「 ) 」が 「 ? 」に、「 + 」が「 」に文字化け


全ての機種で確認したわけではありませんがマニュアル・パンフ類の発行時期と製品流通時期を見てみると、以下のようになるのではないかと思われます。 

問題が発生する機種

  • 5530-S/V/W/L  ( この表記に T と U は含まれていません )

  • 486系DESK TOPモデル (  5551-W, 5551-N/Y、 5551-R/L、 5560-W/W2/N )

  • 5580  全機種、 8595 ( となると たぶん 9595も )

  • 5538  システムガイドに表記は見られないが、実際に制限付きEC の 5576-001を接続すると キーボードエラーは出ないが、正しく認識されていないようで Win NT スタートの Ctrl + Alt + Delete すら効かない。ちなみに適合品の 002 は問題無し。 非適合の 003 でも起動はOK 

その他の機種

  • 5510系は A01が標準装備となっているためか制限記載なし。制限はないのかもしれない。

  • 5550-S/T/V、 5571-T/V は実機が手元にないので確認できないが、もしかすると制限はないのかもしれない。問題発生機種の 5530-S/V/W/L の 表記に記載がないという事は、これらの機種の発売・流通時期を考慮すると 5550/5571 ならびに 5530-Tは対象外という事のように思われる。

5576-002/003 の場合は「使えなくはない」 わけですが、5576-001 の306エラー該当するPS/55で使用することはできない、という事になります。 
ちなみに 非適合EC の 5576-001が手許にありますが、互換機では何ら問題はありませんが、パンフの記載の通り PS/55 5551-N/5551-R に単独で接続したろころ 000306 のキーボードエラーを表示してシステムはストップしてしまいました。  
いずれにしても PS/55 でこれらのキーボードを運用するという環境は非常に限られていると思いますし、 このページをご覧になっている圧倒的多数の皆さんのPC環境はWindows98以降のWindows PCでしょうから、 5576キーボードのS/N制限事項は忘れてしまって差し付かえないでしょう。 

Japanese PS/2、  IBM PS/55  5576セクションより

back to  IBM Japan index 

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO